TEST JTM関西セミナー

TEST JTM関西セミナー 2020年11月5日(木) メルパルク新大阪 5階 カナーレの間

「信頼性の現状と展望」積層造形による造形物の高機能化手法と材料試験の基礎

三次元積層造形の技術開発は多方面で行われております。各分野での期待が大きく、高精度で高機能なモノの造形が求められています。そこで、本セミナーでは3名の講師から、金属積層造形による材質制御を中心とした造形物の高機能化手法の解説と併せて、金属材料の主な試験である硬さ試験と疲労試験の基礎について紹介します。
参加は無料ですので、お気軽にお誘い合わせのうえご参加ください。

開催概要

主  催 JTM 日本試験機工業会
期  日 2020年11月5日(木)13:30〜17:00(13:00開場)
会  場 メルパルク新大阪 5階 カナーレの間
〒532-0003 大阪市淀川区宮原4-2-1 TEL. 06-6350-2111
http://www.mielparque.jp/osaka/access/
定  員 60名 ※定員になり次第、受付を終了いたします。
お申込み方法  お申込みべージにお進みください。
参 加 料 無料

WEBでの参加も可能です。(Zoom 60名)登録者にはセミナー前にアドレスをお送りします。

プログラム(予定)

13:30

開会挨拶

13:40~15:00

基調講演

「金属三次元積層造形法(AM)による形状・材質制御に基づく高機能化」

大阪大学大学院工学研究科 マテリアル生産科学専攻 材料機能化プロセス講座 生体材 料学領域 教授

中野 貴由 氏

金属積層造形法では、金属粉末などを出発原料に、金属を局所的に溶融/凝固することで複雑で多品種な三次元部材を創製できます。そのため、医療・エネルギー関連・航空宇宙など様々な新規モノづくり分野での貢献が期待されています。本講演では、積層造形による材質制御を中心とした造形物の高機能化手法を中心に解説します。

15:00~15:10

休 憩

15:10~16:00

「硬さ試験」の基礎

(一社)日本試験機工業会 材料試験技術委員会 委員長 兼 硬さ試験分科会 分科会長
(株)フューチュアテック 取締役国内営業部長 兼 営業技術部長

松本 大 氏

材料試験の一つである硬さ試験にはいくつもの種類がある。その中で特に広く利用されているロックウェル硬さ試験及びビッカース硬さ試験を中心に基本的な原理、試験方法、試験機の構造などを紹介する。

16:00~16:50

「疲労試験」の基礎

(一社)日本試験機工業会 材料試験技術委員会 疲れ靭性試験分科会 分科会長
(株)島津製作所 分析計測事業部 試験機ビジネスユニット

堀川 純 氏

科学技術が進んでも材料の疲労をなくすことはできていない。そのため、工業製品の強度安全性を保証するために、材料の疲労特性評価は不可欠である。
これから疲労試験を検討するにあたってあらかじめ必要な基礎知識(疲労破壊のメカニズム・疲労試験機・試験方法など)を紹介する。重要な役割を果たす最近の材料試験機の技術動向、事故例など実施例をまじえて話題提供を行う。

16:50~17:00

全体Q&Aコーナー、閉会挨拶

会場のご案内

アクセス方法

JR新大阪駅徒歩8分。地下鉄御堂筋線新大阪駅下車徒歩5分。
JR大阪駅からタクシー約10分。大阪国際空港からタクシー約20分。
大阪南港からタクシー約30分。関西国際空港からJR特急で約45分、またはタクシーで約60分。
車でお越しの際は、地下と平面に100台駐車可能な駐車場がございます。1時間400円。
台数に限りがございますので出来る限り公共の交通機関にてお越し下さい。

Copyright (C) TEST 2020 All Rights Reserved.