TEST JTM関西セミナー

TEST JTM関西セミナー 2018年11月7日(水) メルパルク新大阪 3階 ボヌールの間

「信頼性の現状と展望」構造物や工業製品の劣化とその評価解析技術

 インフラ構造物やインフラに関わる屋外設置機器は使用年数が長く、長期信頼性や耐久性が求められています。そこで、本セミナーでは3名の講師から、インフラ関連の構造物や工業製品に生じる劣化の特徴や長期劣化メカニズムの紹介と併せ、劣化診断方法と、それらの環境を再現する環境試験方法の動向について紹介します。
 参加は、無料として開催致しますので、お気軽にお誘い合わせのうえご参加ください。

開催概要

主  催 JTM 日本試験機工業会
期  日 2018年11月7日(水)13:30〜17:00(13:00開場)
会   場 メルパルク新大阪 3階 ボヌールの間
〒532-0003 大阪市淀川区宮原4-2-1 TEL. 06-6350-2111
http://www.mielparque.jp/osaka/access/
定   員 120名 ※定員になり次第、受付を終了いたします。
お申込み方法  お申込みべージにお進みください。
参 加 料 無料

プログラム(予定)

13:30

開会挨拶

13:40~15:00

基調講演

「溶接継手の性能予測のための特性評価試験」

大阪大学大学院 工学研究科 マテリアル生産科学専攻 構造化評価学領域 教授

大畑 充

溶接構造物・構造製品の各種耐破壊性能は、継手部の材料の特性に大きく影響されます。本講演では、どのような特性が溶接継手の破壊性能に影響を及ぼすかを紹介するとともに、継手性能を予測するために必要となるそれらの特性評価試験法について紹介します。

15:00~15:10

休 憩

15:10~16:00

「振動を活用したインフラ構造物のヘルスモニタリング」

IMV株式会社 MES事業本部 マーケティング統括室長

秋吉 謙治

橋梁・ビルなど構造物の劣化診断と地震後の被災度判定に活用される振動の測定・モニタリングをご紹介します。

16:00~16:50

「工業製品の各種使用環境における劣化メカニズムと環境試験の動向」

エスペック株式会社 開発本部長

田中 浩和

砂塵や腐食雰囲気、結露や氷結等の各種使用環境が、工業製品に与える影響とその劣化メカニズムと併せ、それら環境を再現する環境試験の動向について紹介します。

16:50~17:00

全体Q&Aコーナー、閉会挨拶

会場のご案内

アクセス方法

JR新大阪駅徒歩8分。地下鉄御堂筋線新大阪駅下車徒歩5分。
JR大阪駅からタクシー約10分。大阪国際空港からタクシー約20分。
大阪南港からタクシー約30分。関西国際空港からJR特急で約45分、またはタクシーで約60分。
車でお越しの際は、地下と平面に100台駐車可能な駐車場がございます。1時間400円。
台数に限りがございますので出来る限り公共の交通機関にてお越し下さい。

Copyright (C) TEST 2018 All Rights Reserved.