Japan Society of Next Generation Sensor Technology

第57回次世代センサセミナーシリーズ  「自動認識とセンサ」シリーズNo.3 
画像認識の最新動向と応用-安心・安全の為の画像認識技術-


日 時: 2007年6月12日[火] 10:00〜16:45

場 所: 化学会館5F 501号室

主 催: 次世代センサ協議会

協 賛: [社]電気学会、センシング技術応用研究会、マイクロマシン連合、
     [社]日本計量機器工業連合会、[社]日本電気計測器工業会、安全工学会

開催趣旨

「認識」をテーマに「自動認識とセンサ」シリーズで、これまでに「ID認識」「バイオメトリクス」のセミナーを開催してまいりました。
今回は「画像認識」を取り上げます。「画像認識」は、安心・安全の関心の高まりから自動車、セキュリティ、医療等その応用が益々多岐領域に広がり、
私達の生活の身近な所で利用されてきています。技術的には、静止画像から動画像への認識、3次元物体の認識などより高度になり、認識対象は、
人、車、物・・・と広がっています。将来的には、人の行動や表情までも認識しようとしています。
本セミナーでは、それぞれの技術的内容と課題、将来への展望をその分野の講師の先生方にご講演いただくとにしております。


プログラム

10:00-11:00  自己増殖型ニューラルネット(SOINN)とその応用
   本講演では、講演者らが独自に開発した自己増殖型ニューラルネット(SOINN)を紹介するとともに、SOINNを
   用いた各種パターン認識手法についても述べる。またSOINNを用いたパターンベースの知能創発の可能性についても
   言及する。
            
東京工業大学 大学院理工学研究科附属像情報工学研究施設 准教授 長谷川 修氏
11:00-12:00  動画像理解技術とその応用−人を観る技術−
   本講演では、自動ビデオ監視システムVSAMから人を観る技術であるPIAにおける画像認識の動向について解説する。
   また、このようなビジョン技術のITSやe-learning等への応用例について紹介する。

                            
中部大学 工学部情報工学科 准教授 藤吉弘宣氏
12:00-13:30           昼 休 み
13:30-14:30  安心・安全のための人物行動分析技術
   安全・安心への高い関心により多くのカメラが設置されているが、データが膨大なため有効活用されていない。
   本講演では、映像情報から不審行動人物等の有益な情報を検出するための研究の現状と課題について述べる。

                   
三菱電機[株] 先端技術総合研究所システム最適化技術部 鈴木直彦氏
14:30-15:30  顔画像センシング技術の現状とその応用
   人の顔は、様々な情報を発信している。それを画像からセンシングすることで、様々な顧客価値を提供できる。最近デジタル
   カメラなど利用が拡大してきた。この顔画像センシング技術の現状と応用について述べる。

  
オムロン[株] 技術本部センシング&コントロール研究所 OKAOプロジェクトリーダー 川出雅人氏
15:30-15:45           休   憩
15:45-16:45  3次元画像認識の実応用に向けた技術開発の現状
   産業技術総合研究所で研究開発してきた3次元画像認識技術は、二足歩行ロボットHRP−2等の多くの研究分野で利用され
   ている。また産業分野での実応用に向けての開発を広くすすめておりそれらの活動について紹介する。

                  [株]アプライド・ビジョン・システムズ 代表取締役社長 高橋裕信氏